3550 スタジオアタオ 2021年2月期3Q決算を発表【経常利益通期計画進捗率121.4%】

ポートフォリオ・成長株

3550 スタジオアタオ が1月13日の大引け後の16時に2021年2月期の第3四半期決算を発表した。

各指標の着地状況は、下表の通り。

売上高・営業利益・経常利益・純利益ともに前年同期比ではマイナスだがコロナ禍でもあり、
通期会社予想も下げているため、通期の会社予想に対する数字を確認していきたいと思う。

売上高の進捗率は1Q:24%台、2Q:52%台、今回の3Qで79%と計画通り。

営業利益、経常利益、純利益は3Qで既に通期会社予想を超過。

決算補足説明資料によると売上高については、ILEMERブランドへの積極的な投資による拡大が見込まれるものの、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う外出自粛等の影響を受けると想定。

と、記載があることから上方修正は行われなかった。

いたずらに個人投資家を煽らず淡々と売上を増やす慎重な点はスタジオアタオの良い所でもあるが、
恐らく短期的な個人投資家たちからは余り歓迎されないだろう・・・。

利益見通しに関しては、売上高の減少及び引き続きILEMERブランドへの積極投資を継続する方
針であること等を考慮
と記載があるが、恐らく11月末から実施したYoutuberコラボプロモーション
費用が4Qで計上されるのを見込んでの事だと予想
される。


参照:スタジオアタオ2021年2月期第3四半期決算補足説明資料より引用ー

ILEMERブランドに伴うトピックスは、2020年10月から開始されたオフィシャルファンクラブ
「イルラーの宴」の開設だろう。年会員特典のアマビエバージョンのハッピードールが貰えたり限定アイテムが貰えるのでコアなファンが増えそうな予感…4Qの数字を期待して待ちたいと思う。
大人気で2ヶ月待ち!着せ替え可能なハッピードール【イルメール】


参照:スタジオアタオ2021年2月期第3四半期決算補足説明資料より引用ー

 

通常の決算資料と順番が逆だが、2021年2月期の第3四半期決算実績について少し触れたいと思う。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う消費者の外出自粛等の影響により売上高減少

2020年2月期の3Qの32.11億円と比較すると27.66億円の売り上げと確かに4.45億円減少しているので新型コロナウイルスの拡大は事業リスクとなるため今後も動向を注視したい。

売上高の減少及びILEMERブランドへの積極投資等により利益が減少

売上高の減少は先述した通りだがILEMERへの積極投資は2020年2月期3Qの販促費3.97億円から2021年2月期の販促費は6.34億円と約60%増加。
仮にこの販促費が無かったとすると売上高も減少したと思うが、仮に売上一定と仮定すると営業利益は2.58億円から4.95億円まで引き上げられる(前年は6.96億円)。

それを捨ててでもILEMERへの投資を続けるのは、その先の未来に希望が大きいから

そして何より、コロナ禍で2か月の全店舗臨時休業していた中でこの結果は十分だと思う。
※実際に他の小売りは別記事にも記載した通り赤字へ転落している。

第3四半期会計期間(9月~11月の3カ月間)の売上高は前年同期比13.7%減、営業利益は前年同期比67.4%減

IRの補足説明資料だと「売上高は13.7%増」と記載があるが、数字を見る限りは「減」の間違いだと思われる(実際、四半期報告書には減と記載あり)。

営業利益の減少は決算資料をよく見ないとILEMERへの販促費が効いている事が分からないので
パッと見で印象が悪く短期的には売られるか?それか既に悪材料は出尽くしで4Qへの期待から買いが優勢になっていく可能性もあります。
1/13のPTS(時間外取引)では終値441に対し、450まで買われている。個人の取引で参考にはあまりならないが、機関投資家がどう評価するのか期待して見てみようと思う。

長期的な目線でいけば下値のサポートラインが切り上がっており、3Q決算を受けて上に向かうか下に向かうかが注目される。

短期的な上値は650あたりで上値の抵抗線があり、下に向かうとどこまで下がるか分からないが、
4Qへの期待がある中で売る人がどこまでいるのかにも注目したい。


参照:YAHOO! JAPAN by WORKS TECHNOLOGYー

投資戦略としてはILEMERへの投資を継続している限りは売らない方針なので経過を引き続き見守りたいと思う。

出来れば650円を抜いて上放れしてほしいと思うが、こればかりはマーケット頼みでどうしようもないので考えないようにしたい。

ILEMERの潜在能力を示してマーケットを動かすため、会社には是非とも着実な業績アップと朗報を期待して待ちたい。

≪1月14日追記≫

3Q決算は評価されて470+29まで上昇しました。

株価は一時200円台まで低下しましたが根気強く購入されて保有継続していた方は報われたのではないでしょうか?

これからは4Qに向けた期待と空売りによるふるい落としが待っていると思いますが、最終的には株価は決算の数字に左右されるはずです。

≪2月19日追記≫

ILEMERが2月5日~12日の間、CMが放送され全国にアピールする機会を得ました。

元々ユーチューバーとのコラボでネット経由で知名度アップを狙っていましたが、

CMのIR発表後、ネット上ではテレビはあまり見ないのでは?と囁かれていましたが

結果としては成功だったのではないでしょうか?

実際、Youtubeでの再生回数が2月19日現在180万回数と再生数も伸びています。

CM放送後、妻の友だちが我が家へ遊びに来た際も、リビングへ飾ってある

ディーマリーちゃんとアマビエちゃんを見て、

「これ最近CMで流れているお人形?」と発言。

やはりテレビを見ている層はまだ多いのだなと実感(筆者はあまりテレビを見なくなりました)。

そして今回のCMでILEMERを購入する家族層へも直接訴求することに成功したと考えます。

株価も前回の1月14日追記から+80の550まで上昇。

コロナによって一時200円台まで売り込まれましたがコツコツ買い増しした成果が出てきました。

このブログを見ている方は長期的にスタジオアタオへ投資されている方も多いのでは?

ILEMERへの投資が続く限り応援しつつ、これからも長期的な成長を願いながら、

株主として見守り続けて行きたい。

~学び続ける人の人生は、常に前向き~



タイトルとURLをコピーしました