太陽光発電

マネーマシン

卒FIT後の蓄電池導入検討をしてみた話③【テスラ検討】

katsuyama 2019年11月以降、固定価格買取期間(FIT)が満了する家庭による蓄電池の導入が進み、既存住宅の 住宅用蓄電池の市場規模は2020年度から2021年度にかけておよそ32%増加する見込みのよう...
マネーマシン

卒FIT後の蓄電池導入検討をしてみた話②【トレシスさん編】

katsuyama 2019年11月以降、固定価格買取期間(FIT)が満了する家庭による蓄電池の導入が進み、既存住宅の 住宅用蓄電池の市場規模は2020年度から2021年度にかけておよそ32%増加する見込みのよう...
マネーマシン

卒FIT後の蓄電池導入検討をしてみた話①【初回はグリムス】

2019年11月以降、固定価格買取期間(FIT)が満了する家庭による蓄電池の導入が進み、 住宅用蓄電池の市場規模は2020年度から2021年度にかけておよそ32%増加する見込み。 2021年の卒FITに向け今回は11月24日に東証2部から1部へ鞍替えとなるグリムスの関連会社 グリムスソーラーさんから話を聞いてきました。
マネーマシン

固定買取価格ってなんだろう?(電気を購入する全員に影響が出ます)

太陽光発電を実際に導入したい人がまず営業さんから言われること。 それは固定買取期間について。 10年間は発電した電気を固定価格で買い取ってくれるのは理解出来ていると思いますが なんでそんなことするんだろう?はたまたその財源ってどこから出るのだろう? そんな疑問に答えていきます。
タイトルとURLをコピーしました