MENU

マネーマシン育成状況【年間10万円を得るAnycaカーシェアのススメ】

URLをコピーする
URLをコピーしました!
カーシェアに興味がある人

カーシェアリングって最近流行ってるけど、貸すのも少し抵抗あるな。実際にやっている人から話聞いてみたいな。

こんな疑問に答えます。

こんにちは、katsuyama(@katsu8ma)です。
このカテゴリーでは、マネーマシンの育成状況について記載していこうと思います。長期投資をベースに資産形成していますが、2021年はマネーマシンによる収入を30万円目標に設定しています。年間で30万円あれば月に2.5万円程度の収入となるので生活に多少余裕も生まれますし、株式への再投資を行うことで複利効果が発揮されます。

この記事でわかること

・カーシェアアプリAnyca(エニカ)について

・カーシェアといっても安全面は問題ない?

・実際にカーシェアで月々いくらくらい稼げるの?

今回は、年間30万円に向けたマネーマシンの1つとしてカーシェアについて紹介していきます。

目標としては10万円分をカーシェアで確保したいところ。

目次

カーシェアアプリAnyca(エニカ)

経済的自由に向けて車は極力持つな、が基本になります。

理由は

20歳~70歳まで車を保有すると生涯で約4,000万円かかる!

参照:お金の大学/両@リベ大学長より引用

車の購入費だけでなく税金、駐車場代や車検などの維持費から出された計算です。

個人差はありますが月々にすると6万6千円とかなりの額になります。

但し、実際は駅からも遠いなどの理由から車を持たれている方も多いのではないでしょうか?

毎日車を乗っている訳でなく、遊んでいる車を保有している場合にはDeNAが手掛けるカーシェアアプリAnycaの活用をオススメします。


参照:Anyca HPより引用ー

車をカーシェアすることで一般的に期待出来るのは以下の2つ。

・車の維持費を軽減

・カーシェアを通じてのコミュニティー作り


参照:Anyca HPより引用ー

個人的にはカーシェアをして良かったと思うのは「洗車」を定期的にするようになりました。

家族だけ乗る分には車好きな方はともかく移動手段として車を保有されている方にとっては洗車するのが意外と面倒です。

ですが、カーシェアするにあたっては汚いまま貸せませんので洗車する動機付けにもなりますし、

貸出前に傷の確認もするので車本体の状況を細かく管理することが可能になります。

昔は自分で洗車することが多かったですが、カーシェア依頼が意外と前日に突発で貸して欲しい

連絡が多いのでカーシェア料金の経費だと思ってガソリンスタンドでコイン洗車しています。

時間も有限なので時短出来る所は積極的に活用したい。

カーシェアといっても安全面は問題ない?

まず最初にデメリットを挙げていきますが、Anycaは時間単位型自動車保険を採用しているため、

運転中の「事故」は補償されますが、盗難や駐停車時の当て逃げ等は補償されません。

2021年6月追記

盗難等の事例を受けてAnycaが「カーシェアプロテクト」を7/21以降適用と発表!

内容としては運転中以外の事故や盗難に対して補償を行えるようになります。

これによりAnycaの手数料も10%から最低25%へ値上げ

安心出来るプランだと思うけど既にリピーターの人には適用外にして欲しいのが率直な感想。

次にメリットというか安心材料を挙げていきます。

参照:Anyca HPより引用ー

・損保ジャパン、東京海上日動と連携した保険補償システムがある(運転中の事故に対しての補償)
⇒レンタカーと同様に1日自動車保険に入るので保険の加入漏れの心配が無い。

・DeNA SOMPO Mobilityがサービス利用やトラブル解決をサポート
⇒万一、事故等が発生した時のサポート体制があります(筆者は使ったことがまだありません)。

・健全なユーザーコミュニティを維持する仕組み
⇒免許証・車検証といった公的書類をもとに、ユーザー1人1人の登録情報の確認を行う。
取引相手の評価レビューも見れるのと貸出前にチャットでやり取りもするので変だと感じた場合は貸し出すのを止めた方がいいと思います。

・Anycaを介したクレジットカード決済
⇒クルマの使用料・保険料・ガソリン代の清算はAnycaを介したクレジットカードで支払いがされるため現金のやり取りが不要です。
万一、ドライバーがガソリン補給を忘れたとしてもカーシェア後に代金清算機能もあります。

どうしてもデメリット面が不安になるところだと思いますが、盗難や駐停車時の当て逃げは低い確率ですが起きる時は起きます。

実際にオーナーとして貸し出した経験からすると貸出相手で多いのは20代の独身男性や50代前後で単身赴任で車を今保有していないような方々。

中には外国人の方もいましたが、そもそも車を買わないでカーシェアを選択しているだけに経済に敏感な方が多い印象です。

実際やり取りをしてみて変な方は一人も出会っていません(たまたま運がいいだけかも)。

実際にカーシェアで月々いくらくらい稼げるの?

ここまで読まれた方は少しカーシェアに前向きな方だと思います。

AnycaのHPでカーシェアの受取金額シミュレーターがあるので一度試してみては如何でしょうか?

実際にオーナーの方が受けとった実績から算出された金額なのでイメージも湧きやすいと思います。


参照:Anyca HPより引用ー

最後に1月にAnycaから振り込まれた金額は約2万円でした。

年間にすると24万円程度いく計算ですが、時期によって需要も変わるためマイペースに経過を更新していきたいと思います。

2021年4月30日追記

新型コロナウイルス感染者増加により、3回目の緊急事態宣言(4月25日~5月11日)期間となりました。

2月、3月は貸出需要も少なく6千円程度でしたが、4月中旬から3回程貸出リクエストがありました。

電車等の公共機関を避けて車で移動する流れだと思いますが積極的にアピールして貸出回数を増やして行きたいと思います。

緊急事態宣言が明けてどう需要が変わるか確認していきたいと思います。

~学び続ける人の人生は常に前向き~






0円バナー






この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアして貰えると喜びます!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URL Copied!
目次
閉じる