経済的自由「FIRE」を達成するために必要なこと

経済的自由を目指して
katsuyama
katsuyama

経済的自由「FIRE」と聞いてどんな印象をお持ちでしょうか?この記事を通じて経済的自由を達成したい理由が伝われば幸いです。
それでは宜しくお願いします。

FIREってなんだろう?

FIREとは「Financial Independence(経済的自立)と Retire Early(早期退職)」の頭文字で経済的に自立出来たら早期退職し、お金のために働くことから自分自身を解放するといった概念です。

お金のために働くというのはある意味当たり前になっている感情だと思いますが、お金のために働かなくていいのは富裕層だけの特権でしょうか?

いや、正しい道筋を信じて辿っていけば、きっとたどり着けるはずです。

正しい「思考」は正しい「知識」から。

叩かれるから今まで黙っておいた「世の中の真実」/ひろゆき

世の中に色んな情報が溢れていますが、自分にとって必要な情報を取捨選択する能力はこれから重要な能力になるはず。時間は有限なので大切に使っていきたいです。

若い頃はよくインターネット上で調べものをしていたりすることで1日終わってしまうような日もありました。今となっては何をやっていたのか分からないですが気付くことが最初のキッカケになるのかもしれません。

経済的自由の定義は?「生活費<資産所得」

リベ大でも言われていますが、経済的自由というのは、「生活費<資産所得」という状態です。

資産所得というのは株などの資産を働かせることで得られる収入のことです。

ここで重要なのは贅沢な生活を求める場合は経済的自由になるのが難しいということ。

逆に言えば満足出来る生活水準が低い人や、資産所得が多い人ほど経済的自由が容易になります。

なので富裕層だけでなく色んな人に経済的自由が達成できる可能性があることが分かると思います。

FIREといってもお金持ちになるのが目的ではなく、豊かな人生を歩むための手段です。

以下の様に色んなタイプのFIREがありますので自分にあったスタイルを追求するのもアリです。

①自分の好きなこと(副業等)をしながら収入を得る「サイドFIRE」
②気の合う仲間がいる職場に週に何度か短時間働く「バリスタFIRE」

筆者も仕事をするのが嫌いなわけでなく色んな知識を得られるため仕事は継続しつつ、

他の収入も得られる状態を作ることで、より豊かな人生を歩みたいと考えています。

実際FIREするためにまず必要なことは?【固定費の見直し】

欧米の20~30代を中心に既にFIRE実践済の人は、生活費を賄えるような貯蓄と節約を意識しつつ、

株などの資産から得られる収益を得ることで、経済的自立をめざしています。

資産を買うにあたって資金捻出が必要なため、まずは生活費の固定費見直しが大事です。

筆者も格安SIMに変えたことで通信費は劇的に安くなり、生活費の削減に繋がっています。

格安simに切り替える必要性ってあるの?(年10万円節約可能)
まず安倍首相から菅首相に代わり携帯電話料金の引き下げの必要性を強く訴えかけています。 大手キャリアが素直に全世帯に適用されるような値下げをするとは筆者は思えませんし皆さんもそうではないでしょうか?そもそも格安simの事はなんとなく知っているけど実際使って見たらどうなの?こういった疑問に答えたいと思います。

今日はここまで。また追記していきたいと思います。

~学び続ける人生は、常に前向き~















タイトルとURLをコピーしました